あれこれ memorandoms やすなべ categorized Yasの状況 activities Yasについて about Yas Yasへの連絡 contact us

  今週のお言葉  

お気に入りの毛布でくつろぐ、猫のゆず

 の ゆずの体の調子が芳しくなくなって参りました。一見元気ではありますし、ご飯もモリモリ食べます。半分()けているようで満腹になっても食べ続けてしまうので、食後はお腹がパンパンになりますが、体に触れてみますと背中など驚くほど痩せています。おそらくは腸なり何なりでの栄養吸収がうまくいっていないのでしょう。あれほどの量を食べているのに、そのほとんどは吸収されずに排泄されてしまっているようです。

 異常なほどに水を飲みます。当然ながらおしっこも物凄い量。これは腎疾患の典型的な症状の一つとして知られています。ここに来て血便も出始めました。いくら食べても太らない事を(かんが)みますと、消化器系に悪性腫瘍などが潜んでいる可能性は高いと思われます。

 嘔吐の量も増えています。食べるだけは食べても体が食物を受け付けないのかも知れません。しかも最近呆け始めた事もあり、トイレ以外でも粗相をしてしまいます。先日も家の数ヶ所に、うんち(一部は下痢)、吐瀉物、大量のおしっこがまき散らしてありました。帰宅して惨状を目の当たりにしたかみさんが、相当な時間を掛けて掃除をしたそうであります。いや最終的には漂白剤も使って磨き上げたとの事ですから、単なる掃除ではなく消毒レベルの作業であったようです。

 ゆずも既に15歳。もしかしたら彼女の寿命はほとんど残っていないのかも知れません。でも幸いにしてどこも痛がる様子もなく、いたって元気ですので、かみさんと話し合って、ゆずを病院には連れて行かない事に決めました。延命よりも、ギリギリまで家で楽しく過ごせるようにする事を優先させようという訳です。ご飯に関しては、今まで与えていた普通の猫缶はやめて、彼女の大好物であるモンプチのビーフ味に全面的に切り替えました。

 美味しいなぁと思える好物だけを食べて、大好きな毛布でぐっすり眠り、猫の みみや、犬の こむぎと遊ぶ。ゆずの「今」を大切にしてあげようと考えたのです。

 どれだけ歳を重ねていっても、私たちはみんな、今この瞬間こそが人生の中でいちばん若いのだから。

 村山由佳著「猫がいなけりゃ息もできない」(集英社)からのお言葉です。ゆずの事ばかりではありません。猫の みみも14歳、犬のこむぎも13歳。私とかみさんも合計110歳。Yas家のメンバは皆、いつの間にやら歳をとってしまいました。「今更こんな歳で無理だよ」と云い訳するのは簡単ですけれども、今この瞬間が今後の人生の中で一番若い、と考えれば、諦める理由など存在しない筈です。

 ゆずが彼女の人生(猫生)の終盤を楽しく奔放に生きているように、我々も仕事ばかりに流されたりせずに、人生を楽しまなくっちゃなと思った次第。ま、当面はゆずの人生を悔いなく(まっと)うさせてあげる事に、全力を尽くそうと考えておりますが。Copyright (C) by Yas / YasZone

【来週をお楽しみに】

「今週のお言葉」の目次に戻る

「やすなべの目次に戻る」

Copyright(C) by Yas/YasZone