あれこれ memorandoms やすなべ categorized Yasの状況 activities Yasについて about Yas Yasへの連絡 contact us

  ハンモックを購入しました  

 物欲

設置時間は慣れれば3分程

 急事態宣言が更に延長され、いつまでたっても出掛けられそうにありません。都道府県境を跨ぐ移動の自粛が求められる中、キャンプにすら行けない日々が続いております。道志街道にしろ山中湖周辺にしろ秩父にしろ、自宅からアクセスの良いキャンプ場は、軒並み神奈川県か山梨県か埼玉県に位置していますからね。

 東京都内から出ないでアウトドアを楽しもうとしても、公園で本を読む程度が関の山。都内のほとんどの公園は条例で焚き火が禁止されておりますし、八王子市内の公園いくつかで許可されていたバーベキューも、このコロナ禍で一時的に禁止となってしまいましたからね。

 近所の富士見台公園は八王子市が管理する多摩丘陵を活かした公園。広い芝生の斜面を持つとともに林や竹林もあり、週末ともなりますと、テントを張ってディキャンプを楽しんでいる方も多数いらっしゃいます。勿論、焚き火が禁止されていますので、ディキャンプと云うよりは、テントやタープを張って昼寝を楽しむ、といった程度ではありますが。

 それでも新しく購入した Lenzaiのハンモックを試すには最高のフィールドであります。ただし公園の東側はほとんどが桜の木。桜は樹皮が弱く、万が一樹皮に傷を付けてしまうとそれがきっかけで枯れてしまう可能性がありますので、そこは避けて公園の南西寄りに設置する事に致しました。

 25ミリ幅のベルトを木に回し、ハンモックをカラビナで接続します。一般的には20ミリ以上の幅があれば樹皮を傷つけることはないとされておりますので、特にタオル等で養生する事無く、直接巻き付けます。長さ3メートルでノードが18個もあるベルトですので、長さ調節も簡単。対加重は800Kg重あり、強度的にも十分です。

 ハンモックの設置にノードタイプのベルトやカラビナを用いるのは邪道で、本来は全てロープワークで対応すべき、とモノの本には書かれております。ま、確かにそっちの方がワイルドで格好良い気もしますけれど、樹皮を傷つけないという意味ではベルトは必須でしょう。カラビナにしても、雨天時にロープやベルトを伝ってハンモック本体が濡れるのを防ぐ為に、とても有効な手段。カラビナ部分で水が下に落ちてくれますからな。

 あ、カラビナは「Not for Climbing」と刻印されている装飾用のモノではなく、「25KN」などと刻印されている登山用のモノを使用して下さいね。ちなみに25KNは2,500Kg重=2.5トンであります。

 同じベルトの別のノードに接続する形でタープを張りました。私の使っているタープは4m×3mの長方形タイプ。雨が降ればこれを屋根型に張り直すとして、今日は天気が良いですから、風が通りやすいように片側だけに張ってみました。これなら寝転んでも青々とした木々の葉が目に入りますし、公園内の小道を歩く方からの目隠しにもなりますからね。

 ハンモックは、勿論寝るのも良いですけれども、椅子として用いても秀逸。絶妙なゆらゆら感が心地よいのでありますよ。Lenzaiのハンモックは激安な割には蚊帳も標準装備されていますし、縫製もしっかりしています。ハンモック本体の対加重は300Kg重ですので通常の使用では全く問題ないでしょう。

 セブンイレブンで買ってきたおむすびを、かみさんと一緒に食べます。スノーピークのガスストーブ「地」を持って参りましたので、お湯を沸かしてアマノフーズのなめこ汁を作りました。たったこれだけの事でコンビニのおむすびが凄く美味しく感じられるから不思議。

 これからの季節、ハンモックとタープで公園でディキャンプするのは中々オススメであります。地面が濡れていても、傾斜地でも全く影響ありませんしね。久々に良い買い物を致しました〜。Copyright (C) by Yas / YasZone

【続きをお楽しみに】

「あれこれ」の目次に戻る

Copyright(C) by Yas/YasZone